記事一覧

K648 in M15

虫の声に秋の気配を感じる頃、夜空を見上げると、四角形に並んだ星々が目に入ってきます。ペガスス座の胴体部です。この四角形から西に延びる頭部の先端近くに秋を代表する球状星団M15があります。一般的に球状星団は太陽より小さな年老いた恒星から形成されているため、これらの恒星が寿命を迎えても、惑星状星雲へ変化することはないとされていますが、なぜかM15の中にはK648という惑星状星雲が存在しています。存在理由についてはまだ明確な答えが得られていないとのことです。この非常にミステリアスな星雲をなんとか捉えられないかと思い、撮影を試みることにしました。この星雲は通常のLRGB撮影では恒星と区別できない可能性があるため、Hαを加え両者を比較してK648の存在を明確化することを考えました。Hα画像を加えた結果、ピンク色の発光が浮き上がり、K648の存在位置をしっかりと確認することができました。この写真を星ナビ2019年12月号に応募したところ、入選しました。以下に掲載画像と元画像、および同時投稿したもう1枚の組写真を添付します。

K648inM15_1.jpg

K648 in M15_2星ナビ201909

K648 in M15_1星ナビ201909
スポンサーサイト



コメント

No title

おめでとうございます!
いやまさか星ナビさんがこの手の観測寄りのマニアック天体を扱っていただけるとは…
K648という名前があるのですね、Pease1という呼称しか知りませんでした

Re: No title

> Celestさん

コメントをいただき、ありがとうございます。
Celestさんも原始惑星状星雲での天ガ入選おめでとうございます。
ブログはいつも楽しく拝見しております。
さて、今回の撮影対象ですが、Celestさんも過去、天ガに投稿されていたのですね。
天リフさんのサイトで知りました。
実は私も観測系の写真は天ガのほうが入選しやすいのではと思っていましたが、
今回に限って、天ガにしか投稿できない別の写真がありましたので、
このK648は星ナビに回すことになりました。
名称についてはアストロアーツのサイトで使用されているものに合わしました。
星ナビと天ガにどのように写真を割り振るかは毎月大いに悩むところです。
落選したときは、逆にしておけば良かったと後悔することも結構あります。
この辺り難しいところですね。

No title

こんにちは。
星ナビ入選、おめでとうございます!
もう惑星状星雲界?ではレジェンド的存在になりつつあるのではないでしょうか^^
記事を拝見すればするほど、超マニアックです。
天体写真であり、天文写真ですね。
大変勉強になります♪

Re: No title

> タカsiさん

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
惑星状星雲も1年で有名どころはほぼ撮りつくしまして、
今年からは少しマニアックな領域に入っています。
それに伴い難易度も上がるので、ただ単に撮るだけではなく、
予めテーマを決めて取り組むようにしています。
美しく撮ることだけでなく、撮り方や見せ方にも
こだわっていきたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント