記事一覧

エリダヌス座NGC1535(クレオパトラの瞳)、ふたご座NGC2392(エスキモー星雲)、冬の小型惑星状星雲IC351とIC418

冬の惑星状星雲は個性的なものが多く、撮影意欲を掻き立てられます。その中でもNGC1535とNGC2392は、同じ様な色形、大きさをしているのですが、各々個性的な構造を持っており、何処までディテールの比較描写ができるのか興味を惹かれ、撮影してみることにしました。NGC1535は撮影時の高度が低く光害カブリの影響が懸念されましたが、そこそこ輝度があり、背景に埋もれることはありませんでした。NGC1535は5秒露出で良像約1700フレ...

続きを読む